第1回津山国際環境映画祭 重要なお知らせ

 1月30日(土)・31日(日)開催の第1回津山国際環境映画祭に関し、東京都に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されたことに伴いまして、映画『ある船頭の話』製作委員会様より、オダギリジョー監督を含む関係者が東京から津山に移動し、本映画祭に登壇することによって、複数の方々に感染リスクを発生させる可能性があること、それが医療従事者の方々にさらなる負担を強いることになる可能性があることを鑑み、リモートでのご参加という判断を受けまして、協議の結果、オダギリジョー監督と山田浩さんの登壇につきましてはリモートでの参加に変更させていただくこととなりました。楽しみにしてくださった皆様には急な変更となり誠に申し訳ございませんが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 映画祭の内容につきましては、2日間両日ともに大きな変更はせず、お2人には、上映前舞台挨拶と上映後のスペシャルトークショーにリモートでご参加いただきます。尚、それ以外のプログラムに関しましては大きな変更はございません。さらに、岡山県は1月21日時点で新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言地域に含まれておりませんが、映画祭の開催につきまして、会場となる津山文化センター(収容数1003席)は緊急事態宣言地域と同じ条件(収容率の50%以下)で、420席を上限として実施いたします。
 本映画祭は、観光庁の「あたらしいツーリズム」事業の一環として開催するものであり、本事業を開催するにあたり、事前に本事業のための独自の「新型コロナウイルス感染症対策実施マニュアル」を作成し、観光庁の厳しい審査、許可を経て、万全の感染予防対策を施して実施いたします。
 来場される皆さまには、事前のCOCOA(接触確認アプリ)インストールや当日のマスク着用義務付け・検温・手指消毒・連絡先提出など何かとお手間をとらせますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
令和3年1月22日 津山国際環境映画祭
主催者 津山街デザイン創造研究所・津山国際環境映画祭実行委員会
共 催 公益財団法人津山文化振興財団
追記
客席は両日共に指定席で左右1席ずつ間隔を空け、収容人数の50%以下での配席となります。
開場後は、いつでも入退場が可能です。
なお、新型コロナウイルス感染予防対策として館内での飲食(水分補給は除く)はできませんのでご理解とご協力をよろしくお願いいたします。